教育関係>>コンクール

文芸作品コンクール

折角習った漢字も、言い回しも、使わなくては身につきません。また、その場を共有している身近な関係の者同士のおしゃべりだけでは、「順序だてて」「正確に」「論理的に」そして「他言語と混ぜずに日本語だけで」説明したり説得したりする力を伸ばしてゆくのは難しいものです。そこで本校では、毎週の宿題の中に出来るだけ「書く」という課題を取り込み、書くことで日本語での思考能力や伝える力をつけさせるよう、努めています。

同時に、本校では、各種文芸作品コンクールへの応募も、積極的に勧めています。校正を重ねながら、子どもたちは新たな表現や文章テクニックを身につけてゆきます。そして、受賞の喜びは、更なる「日本語で書きたい」意欲へと繋がってゆくことでしょう。


2016年度の本校生徒受賞作品です。名前をクリックして作品をご覧ください。
第37回 海外子女文芸作品コンクール
2013年度の本校生徒受賞作品です。名前をクリックして作品をご覧ください。
第34回 海外子女文芸作品コンクール
第63回 読売新聞 全国小・中学校作文コンクール



トップページへもどる

Copyright © Japanische Ergänzungsschule in Berlin e.V. 2003-2016 All rights reserved.