2014年度 課外授業

雅楽鑑賞 小野雅楽

2014年12月12日、課外授業として金曜クラス全体で雅楽鑑賞をしました。このコンサートは、ベルリン・東京友好都市提携20周年記念クロージングコンサートとして、ベルリン市庁舎で開催されたものです。コンサートは厳かな雰囲気の中で行われ、前半は楽器のみによる合奏「菅絃」、後半には舞を伴う「舞楽」がありました。生徒たちは初めて見る楽器や、聴き慣れない高い音に驚きながら、興味深く熱心に鑑賞していました。

以下、生徒感想文の一部を紹介します。


学校の音楽の授業で東洋の音楽では、はっきりした終わり方がないと習ったので、雅楽を聞いた時その事が良くわかりました。(中3 安原 ユリアン)

普通ベルリンに住んでいては聴けない楽器や音楽を味わうための課外授業であったので、知らない文化に触れることができて、良い経験になったと思う。(中3 ザムゼ 海)

今回雅楽を観て、また日本の文化の良さ、面白さを感じました。また機会があれば聴いてみたいし、その他の日本伝統文化・芸能にもより一層興味を持ちました。(中1 岩間 文香)