教育関係>>本校の教育>>幼稚部のご案内>>幼稚部季節の行事>>まめまき
アルバム>>学校行事のアルバム>>幼稚部季節の行事>> まめまき


お正月が過ぎたら、次は豆まきです。子どもたちは、保育時間中に作ったおにのお面やお豆入れを持ち寄り、集合です。

以下、写真と共にご紹介します。



まずは先生から豆まきの由来についてのおはなしです。
大きな鬼が出てきて、村人を困らせています。


子どもたちは真剣な表情で聞いてます。










鬼は外〜、福は内〜♪♪
みんなで
「まめまき」の歌を振り付きで歌いました。


いよいよ豆をまきに出かけます。
先週工作した、鬼のポシェットと豆入れが配られ、そこに先生が殻付きピーナッツを入れてくれます。
全員に豆が配られたところで、教室を出ます。






まずは、小学3年生の教室に突入です!さあ、みんな鬼のお面を構えて〜!!







「わあ、小さい鬼たちが入ってきたぞ!」と、びっくりの小学生たち。
お勉強はちょっと中断。さあ、今日は何の日でしょう?
小学生のみんなの中にも、「なまけ鬼」や「いじわる鬼」「泣き虫鬼」がおなかの中にいる人いるかな??



それでは、お兄さん・お姉さんたちも
一緒に心の中の鬼を追い出しましょう。



おには、そと!!
ふくは、うち!!








いろんな教室で豆まきした後は、始めのお部屋に戻ってピーナツを試食。
おやおや、ピーナツで鬼の歯になっている子が!





節分が過ぎたら、暦の上ではもう春です。子どもたちも前の春からずいぶん大きくなりました。
もう進級も目の前です。

画像の無断転載/リンク禁止。リンクの際はお問い合わせください。
Copyright © Japanische Ergänzungsschule in Berlin e.V. 2003-2016 All rights reserved.