ソフトボール大会

本校では希望者を募り、ベルリン日本商工会主催のソフトボール大会に参加しています。2011年度の参加チームは、大使館A、大使館B、ソニー・研究者、ベルリン日本人国際学校(以下、日本人学校)、ベルリン日本語補習授業校(以下、補習校)、そしてハンブルクから初参加のアルスターズの、計6チームでした。

以下、写真と共にご紹介します。


開会式。約100名の参加者が見守る中、本校小6児童は、前回優勝の補習校チーム代表として、優勝杯の返還と選手宣誓を初々しく行いました。

補習校チームは、予選第1試合では日本人学校に6対4で勝ち、予選第2試合では9対3で大使館Aチームを下し、決勝戦へと駒を進めました。

決勝戦では、野球経験者がそろうソニー・研究者チームの強力打線に序盤大量得点を許し劣勢となりましたが、後半に追い上げ、粘り強く戦いました。 結果は19対10で敗れたものの、最後まであきらめず、チーム一丸となって全力で戦い切りました。


今回の補習校チームは、本校教員の監督の下、児童生徒5名、卒業生3名、保護者1名、教員2名、助っ人3名、計14名の生え抜きメンバーで、「親睦と勝利」をモットーに試合に臨みました。そして、応援に駆け付けてくれた同級生や保護者の皆様の声援に大変勇気づけられ、堂々の準優勝という結果を収めることができました。

数年前まで幼かった児童生徒たちが成長し、大人に交じって真剣にプレーしている姿は、実に印象的でした。また、若い選手を叱咤激励してくれた卒業生は、頼もしく感じられました。さらに、助っ人の皆さんも、補習校チームにすっかり溶け込んで、よいお手本となってくれました。補習校の名のもとに集まったメンバーの親睦や、他チームとの交流も、深められたのではないでしょうか。


ソフトボール大会に参加したい方へ

ドイツではあまりなじみのないソフトボールですが、子どもたちが遊び方を知るのに良い機会ですし、保護者の参加も歓迎しております。また、幼児から小学生の子どものための交流試合も毎回行われています。どうぞ、ご家族でご参加下さい。

ソフトボールの用具は用意されていますので、お持ちでない場合には貸し出しもしております。もちろん、試合に出場しなくても応援に駆けつけてくださる方は大歓迎です。大会当日用に、前もってお弁当の注文も可能です。次の大会にはより多くの方が参加され、ご家族と共に楽しい時を過ごされるよう、願っております。

ソフトボール大会参加についての詳細は、本校事務局までお問い合わせください。