小学部クラスお正月会

小学部全学年で行われる水曜お正月会には、ベルリン日本人国際学校児童もご招待し、皆で大変賑やかに日本の伝統行事を楽しんでいます。

以下、写真とともにご紹介します。


今年は、生徒保護者が作成してくれた、新しい獅子舞のお目見えの年でもありました。会を壇上から見守ってくれています。

来賓の方から新年のご挨拶を頂き、早速餅つきを始めます。日本人学校校長先生が餅つきのデモンストレーションをしてくださいました。

子ども達も続きます。低学年の子達は、緊張した面持ちで杵を持っていました。「ぺったん」という音を聞いてホッとしたのか、思わず笑みがこぼれます。

手洗いを済ませたら、グループごとにお餅の会食です。「わー、のびるー!」と、どの子もはしゃいでいます。

それぞれ自分の食べたい大きさにお餅を丸めましたが、中にはこんな形を作った子も。お餅アートですね。

お餅会食の後は、高校クラスの生徒と保護者による獅子舞の披露がありました。大きな獅子舞が壮大に舞う様子に、子ども達はすっかり魅了されていました。

疲れた獅子舞が地面に寝そべったり、ご褒美のみかんを食べたり、と所々に可愛い仕草も入っていて、一瞬たりとも目が離せませんでした。

次は日本人学校によるソーラン節です。ぴったりと息が合い、動作もキビキビと格好良く、見事でした。

最後は、恒例の「お正月ビンゴゲーム」です。

来賓の方に一枚ずつ札をめくって頂きました。景品のみかんを狙って、子ども達も熱が入ります。札が読み上げられる度に、「やったー!」「あ〜、残念!」と会場から様々な声が聞こえてきました。

ビンゴゲームが終わったら、日本人学校校長先生より閉会のお言葉を頂き、楽しかったお正月会も終了です。お餅を食べ、ゲームを楽しみ、子ども達は満面の笑顔で会場を後にしました。

子ども達が皆、このような笑顔で過ごせる1年になるといいですね。