アルバム>>>>特別カリキュラム>>短歌教室

2011年度課外授業 II


2011年度は、9月23日の北斎回顧展に続き、3月16日にも、2回目の課外授業を行いました。

以下、歌人の佐佐木幸綱先生をお呼びして開かれた短歌教室について、写真と共にご紹介します。




Q:何故「短歌」と呼ぶのか?
A:「長歌」に対して短いから。

Q:俳句と短歌の数え方は?
A:俳句「一句、二句・・・」、 短歌「一首、二首・・・」

Q:日本人として皆が知っているべき短歌と言えば?
A:「君が代」と「百人一首」


といった、やさしいQ&A方式での導入に始まり、次に、生徒たちの作った短歌批評に移りました。



自作の短歌を読み上げ、それぞれによい箇所を佐佐木先生に褒められる生徒たち。

  • 5・7・5・7・7という形式があるからこそ、普段言いにくいことも言えたりする。「形式」は大事だ。
  • 言葉には、「意味」「音楽(イントネーション)」「イメージ」が伴う。この3つを上手いバランスで使うと、詩的になる。
  • 辞書の言葉も、使ってはじめて自分のものになる。是非言葉の冒険を沢山して欲しい!そして、金持ちならぬ「言葉持ち」になって欲しい!
などの、アドバイスと励ましのお言葉をいただきました。

最後に、自身の短歌を色紙に書く、という課題が与えられました。

佐佐木先生が、先ずお手本を見せてくださいました。→


生徒たちは、各クラス担任教員の指導の下、色紙に筆ペンで書いていきます。字の大きさや配分にも気を遣いつつ・・・



佐佐木先生は、各テーブルを回り、生徒たちに個人的にお声掛けくださいました。



出来上がった作品は、全員の前で披露。
佐佐木先生は、一人ひとりに対し、また、
お褒めの言葉を述べてくださいました。


今まで短歌など作ったこともないような本校生徒たちが、これを機に、短歌、日本語のリズム、そして日本文化に、より親しんでいけるようになれれば、幸いです。



参加した生徒たち、および保護者からの感想は、コチラ



画像の無断転載/リンク禁止。リンクの際はお問い合わせください。
Copyright © Japanische Ergänzungsschule in Berlin e.V. 2003-2016 All rights reserved.