教育関係>>本校の教育>>幼稚部のご案内>>幼稚部季節の行事>>秋祭り
アルバム>>学校行事のアルバム>>幼稚部季節の行事>>秋祭り

2011年度幼稚部秋祭り

本年度の新行事、秋祭り。「子どもたちに日本のお祭りの雰囲気を楽しんでもらいたい」という、幼稚部教員陣の願いからの試みです。11月3日当日は、各お店で使えるお買い物券を片手に、浴衣や甚平を着込んだ子どもたちで溢れかえり、祭りらしい賑やかな時間を過ごすことができました。

以下、写真と共にご紹介します。




年長さんたちがお店屋さんをした
ヨーヨー釣り
(店番は、前半・後半のシフト制)

釣れた水風船を
ポンポンたたきながら
みんな大はしゃぎ!



年中さんたち主催の、
魚釣り
(こちらも、店番はシフト制)

教室の床に、突如として現れた2つの池。割り箸竿で、上手に釣れたかな?

年中さんたちは、教室の逆側で、
ボーリング場も開いていました。

年少さんのお店はというと・・・。素敵な
「こあら箱」(中にどんぐりのトトロが入っている)などが、店先に並んでいました。お祭り当日、店番を年長クラスのおねえさん・おにいさんとアシスタントさんにお任せし、先生方に連れられワクワクドキドキしながらお店を回っていた小さな彼らも、自分たちのお店で売る品物は、クラスで作成し、しっかりと準備してきていたのです!

自分たちがクラスで作ったお祭りの装飾、ボーリングなどのゲームの景品、各店の看板・・・。ただ単に当日参加という受身ではなく、積極的に祭りの準備をしてきた子どもたち。年少さんも年中さんも年少さんも、みんな大満足で、祭りの雰囲気にどっぷりつかっているようでした。


さて、ノルマも果たし、いっぱい遊んだ後は、
おやつタイムです。
お手伝いの保護者の皆さんも、先生たちと一緒にハッピを着込み、祭りの雰囲気を盛り上げてくれました。
そんなお母様方から、子どもたちは各自、おやつ券と引き換えに、おやつ(幼稚部保護者の方々が、この日のために手作りしてくれました)をもらいました。そして、異年齢、異クラスの子どもたちが自然に混ざり合い、和やかなひと時を分かち合いました。






ドイツのWeihnachtsmarkt(クリスマス市)とは全く違う、日本の出店、祭り。この機会に、幼稚部の子どもたちが、ほんの少しでも「日本人として」の楽しみを味わえたのであれば、幸いです。



「幼稚部季節の行事」にもどる 2011年度アルバムにもどるトップページへもどる

画像の無断転載/リンク禁止。リンクの際はお問い合わせください。
Copyright © Japanische Ergänzungsschule in Berlin e.V. 2003-2016 All rights reserved.